• 月. 9月 20th, 2021

高校生から始める資産形成 全集中投資!

まずはゲーム感覚で投資技術を養いましょう! 少ない資金で低リスクに抑え、色々な経験、実験検証を重ねて、大きな額でも動かせる投資家兼実業家を目指して、勉強全集中!

通貨ペアの価格変動から利益を得るスキャルピング・トレードでは、取っ掛かりからプラスになるタイミングでエントリーすることがとても重要になります。

そのためには『トレンドに乗る』ことですね。ただし、トレンドが出始めたからと言って、反転(押し目や戻り)は大なり小なり避けられません。

初心者が陥りやすい失敗は、『大きく動き始めたのを見て、飛び乗ってしまう』ことなんです。ご経験がありますよね?途端に反転して、痛い目にあった……なんて。

そのような動きがどのようなシステムで起きているか、については後日お話しますが、
この回では『入っていいポイントなのかどうか』をロウソク足から判断する方法を伝授します。

もみ合い (=レンジ、ボックス)

まずは、『もみ合い (=レンジ、ボックス)』ですね。○の中がそうです。
この場合は激しく上昇し下降し、陽線と陰線が交互に現れています。結果的には下落のブレイクとなりましたが、初心者はエントリーしない方が無難な流れです。

ただし、基本的にはレンジはいずれどちらかに大きくブレイクすることになるので、エントリーポイントとしては正しいです。

ですが、画像のように大きく上下している場合はプロのせめぎ合いになっている可能性が高いので、どちらへブレイクするかを読むのは非常に難しいのです。ブレイクを見届けてから乗るのが最適です。ただし、私は見送ります。このような激しい動きの後では、意地になったプロが逆張りしてる可能性(さらなる波乱……)もありますからね。

ヒゲが長く伸びた!

同様に、矢印のところのような長~いヒゲ付きのロウソクが出現がした際も注意です!
基本的に長いヒゲは出た方の負け(今回なら買い側の負け)を示しており、その後の逆行を示唆していることになります。実際に一度下落しました。

ところがその後を見てください。どーんと急上昇!しかもその直後に急落下です!
これを乗りこなせる方でしたら、すでにプロの領域の腕前だと言えます。素人は見送るのが無難な展開だと判断しましょう。チャンスはまた来ますからね。

最高のエントリーチャンス

そしてこの場面が、最高のエントリーチャンスの画像です。
押し目を何度も迎えつつも、陽線は陽線でまとまり、陰線は陰線でまとまっています。
このようにはっきりと色分けされてロウソク足が表示されるような局面こそ、素人でも勝てるエントリータイミングとなります。

結論としては、同色でまとまったロウソク足を生産している通貨ペアこそ取引に最適であり、一本ごとにロウソク足の色が変わるような局面を迎えた通貨ペアは見送るのが賢明だと言えます。

ご参考にして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA