• 月. 9月 20th, 2021

高校生から始める資産形成 全集中投資!

まずはゲーム感覚で投資技術を養いましょう! 少ない資金で低リスクに抑え、色々な経験、実験検証を重ねて、大きな額でも動かせる投資家兼実業家を目指して、勉強全集中!

テクニカル指標★ ダイバージェンス

ByTak Hada

8月 6, 2021

ダイバージェンスはご存知ですか?

 みなさんも使っていらっしゃるメジャーインディケーターのマックディー(MACD)
” Moving Average Convergence Divergence “の略で、『移動平均収束拡散(発散)法』と訳されます。

 ということで、ダイバージェンス=拡散又は発散、となるのですが、これでは意味がよく分かりません。辞書で調べますと、ピッタリとくる訳が載ってました。『相違』です。
ダイバージェンス】はMACDの見方の一つでもあります。

早速、画像をご覧下さい。

 これは以前にキャプチャーしたばかりのドル円の日足チャートです。
 過去から順に説明しますので、最初に緑色のラインを目で追ってください。

 まず、チャートでは高値を更新しています。ところが同時期、MACDは高値を更新できません。

 その後、チャートは急落。ラインあたりでも安値を更新しました。ところが同時期、MACDは安値を更新できません。

 その後、チャートは上昇。ラインあたりでも直近の高値を更新しました。ところが同時期、MACDは高値を更新できませんでした。

 そして、現在に至るまで下落を続けています。

 つまり、MACDの山谷がチャートの山谷と一致しない(相違)とき、その後のチャートの行方を示唆していることになるのです!反転時が分かるなんて、凄いと思いませんか?

 ただし、絶対というわけではありませんので、その可能性に備えてエントリーを慎重に行なう、というような使い方をしてくださいね。

 ダイバージェンスはRSIやRCIなどでも確認することができます。色々調べてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA