• 月. 9月 20th, 2021

高校生から始める資産形成 全集中投資!

まずはゲーム感覚で投資技術を養いましょう! 少ない資金で低リスクに抑え、色々な経験、実験検証を重ねて、大きな額でも動かせる投資家兼実業家を目指して、勉強全集中!

第6回講義:経済学が解き明かす、富を得るための投資の必然性 トマ・ピケティ

ByTak Hada

6月 21, 2021

キーワードは 「 r > g 」です。

これは、トマ・ピケティ博士の著書、『21世紀の資本』で表された現実です。

「 r  = return」は資本収益率を示し、「 g = growth 」は経済成長率を示しています。

18世紀まで遡ってデータ分析をした結果、資本収益率は年5%前後であるにもかかわらず、経済成長率は1~2%程度にしかならなかったそうなんです。

つまり、資本収益率は経済成長率を上回ります。

この不等式が意味することは、

資産 (資本) によって得られる富、つまり資産運用により得られる富は、労働によって得られる富よりも確実に多いということです。

言い換えれば、金持ちはより裕福になり、労働者はいつまでも貧困を抜け出せない、んです!

投資に投ずる資本がなければ、自分自身を資本化すればいい(=セルフブランディング)という考え方でも「 r 」を強化することはできるそうですが、現実的でしょうか?

いくら自分自身で熟練した、成長した、不可欠な人材になった、と判断できたとしても、結局それを決めるのは上司(=他人)であり、雇用主であり、期待を数倍以上上回る成果を叩き出さなければ評価は変わらないでしょう。

そう、才能なんかなくてもコミュニケーション能力に長けているだけで出世している人を沢山見てきたので、今さらブランディングなんてしゃらくさい!

アフィリエイトでもせどりでも、何でも良いので種銭作りに励みましょう!そして共に精進しましょう!

名著を知識に!

21世紀の資本 トマ・ピケティ博士 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA